僕の不安を和らげるデパス!うつから立ち直れるエチラーム

僕の不安を和らげるデパス!うつから立ち直れるエチラーム

気持ちを落ち着かせる薬

デパスとは、投与した方に穏やかに作用する気持ちを安定させる薬になり、鬱病等の初期症状としてほとんどの方に起こるとされる理由なき強い不安感や体の緊張または身体に現れる症状の中でも睡眠障害にも効用を持つ抗不安剤となる為、心身共に現れる体への不調を改善する事の出来る万能薬として多くの症状を改善に導く事が出来るので科を問わず広く用いられる機会が多い薬になります。

適応症としては、上記に記載した鬱病をはじめとした神経症やパニック障害等の各種類の不安障害などを中心に女性の閉経に伴い起こる更年期障害や統合失調症等に適応し急性期にある躁鬱病に対しての効用も認められており、他にも筋肉を弛緩(ほぐす)効用を持つので首あるいは肩のコリや緊張性の頭痛、脊髄症、あるいは痙攣性の疾患に応用して用いられるケースもあり、デパスは副作用の少なさから安全性も比較的高い抗不安剤となります。

デパスはチエノジアゼピン系の薬に分類する事が出来ますが、作用自体はベンゾジアゼピン系に類似するとされ成分エチゾラムが脳に作用する事で体を落ち着かせる機能を持つ神経トランスポーターであるBZD受容体に結びつく事で気持ちを落ち着かせる神経を活発に活動させる事が出来るとし、上記の様な効不安作用、催眠・鎮静作用、筋緊張緩和作用、抗痙攣作用の全部で四つの効用を持つとされます。

また本剤には同一成分、効用があるエチラームという後発薬もあり低価格で個人使用する事も出来る様になっており、投与経験のある方で服用方法をきちんと把握しているのであれば有効性の高い薬となりますが、エチラームも薬剤になるので初めて投与となる方は慎重な投与を心掛けなければなりません。

副作用は少ないものの作用が若干強く、また半減期が短い短時間型の薬になるので重篤な副作用である依存症の発症を強める可能性があるので、後発薬エチラームは初めての方はもちろん投与経験を持つ方でも用法用量には注意が必要な抗不安剤となります。

エチラームはデパスのジェネリック医薬品です。

▲ PAGE TOP