僕の不安を和らげるデパス!うつから立ち直れるエチラーム

僕の不安を和らげるデパス!うつから立ち直れるエチラーム

デパスの効果

デパスとはチエノジアゼピン系の抗不安剤として用いられる事が多く、また抗うつ剤として治療に用いる事もでき鬱病の初期に診られる症状に強い不安感が挙げられ多くの方がこれを感じるので、まずはこの症状の緩和を行ってから本格的に治療を進めていく事があり、その他にも更年期障害や自律神経失調症等に用いられ精神の不具合により起こる数々の症状に効果を発揮する事が出来ます。
またその他にも興奮状態を鎮静する作用や抗痙攣作用、催眠作用があるので、不眠症に悩む方へ睡眠導入剤として処方が行われる事や筋弛緩効果により緊張性の頭痛、腰痛、肩あるいは首のコリ等を解消する事もでき、痙攣を伴う症状に対しても有効とされており、体に起こる不具合をも緩和させる事が出来るので処方される機会も多く、また万能薬として知られる経口内服薬となります。
また作用自体はベンゾジアゼピン系の系統の薬剤と変わらず、脳内にあるBZDというトランスポーターに結合する事により神経を活性化させる事ができ、作用時間も短時間型となるのでTmaxを三時間としまたT1/2は六時間となるので体から排泄されるまでの時間も短く同類の中でも比較的安全性が高い薬となり作用もやや強い程度になり効き目を実感しやすいとされています。
しかし、良い意味での特徴の裏側には危険もありデパスは常用する薬剤ではないので連続的に投与を行ってしまうとわずか数週間で効き目を失う事になり、また長期間に渡る投与は作用を弱めるだけに留まらず多量にあるいは頻回に投与を繰り返す様になる事で依存に落ち入りやすく、本剤系統の薬には全て副作用として依存症があり、また表裏一体となるのが急な断薬は離脱症状を起こすので万能薬なので多くの後発薬も登場していまうすが、自己判断での内服あるいは用量の調整は危険なので控える様にして下さい。
必要な際には医療機関等へ受診する事が推奨され、抗うつ剤等を処方されてからは医師が用量あるいは投薬間隔を決め適宜増減するので医師の指導の元で内服する事が推奨されます。

▲ PAGE TOP