僕の不安を和らげるデパス!うつから立ち直れるエチラーム

僕の不安を和らげるデパス!うつから立ち直れるエチラーム

ジェネリックのエチラーム

エチラームとは、チエノジアゼピン系に属する抗不安剤の一種となり化学構造上ではベンゾジアゼピン系と似ている事から同様の作用を持っていると考えられ、また不眠症治療の為に睡眠導入薬として用いられる事があり本剤含め多くのジェネリックが誕生しており、先発薬デパスという商標で販売され医療機関で処方して貰う事が出来る様になっています。
また数多くの医薬品は海外の製薬会社の製品に頼る所が多いですが、本剤先発薬のデパスは純国産の薬剤であり国内の製薬会社によって開発され1984年から国内販売を開始しており、また用いられる国が少ないので国際条約上では取扱の指定は特に受けていません。
しかし、これらの薬剤と同系統を含めても国内での乱用率は高く乱用の症例としては三位とされ向精神薬としての指定を受けるべきとの声もあり、危険性を主張し規制管理するべきとされています。
ジェネリックであるエチラームまたは先発デパス錠は常用薬として内服するべき薬でない事は上記の点から分かり、その危険性として常用あるいは長期の内服で驚く程早く効果を実感出来る事が出来なくなり、連続的に数週間内服した際には一ヶ月と経たない内に効き目を失い、これは多量投与や頻回な投与を招き副作用として最も気を付けなければならない離脱症状を引き起こす事に繋がります。
上記で簡単に記載はしましたが、催眠作用を効用として持つので入眠障害の方に処方する事で寝付きの悪さを改善出来ますが、これは作用時間も短かく六時間程度の持続力となるので、これもまた頻回な内服に繋がりやすい要因となります。
この副作用を起こす事は体が依存しており依存症の裏側に存在するもので、作用の強さや短時間型の薬が持っている事の多い特徴的な副作用と考える事ができ、先発薬は医師の指導により用量を管理されますがジェネリックである際には個人で購入する事も出来るのでそういった際には慎重な内服を心掛けなければ後に辛い体験が待ち構えている事は言うまでもありません。

▲ PAGE TOP