僕の不安を和らげるデパス!うつから立ち直れるエチラーム

僕の不安を和らげるデパス!うつから立ち直れるエチラーム

うつ病の原因と症状

現在日本国内でうつ病で悩んでる方は10人に一人に近い割合でいるとされております。
実際のところ、もしかしてうつかも?と自覚症状のないまま放置している方もいるのでこの割合はもっと多いとされています。
では実際うつとはどんな病気なのでしょう?
うつには様々なタイプがあります。
病気でうつになってしまう人、生活の変化によってうつになってしまう人、精神的ストレスでうつになってしまう人、性格でうつになってしまう人など原因もたくさんあります。
一般的に多いとされているのは精神的ストレスでうつになってしまうか、性格でのうつとなります。
うつの原因ははっきりわかっているものではありませんが、脳にある神経伝達の働きが悪くるのに加えてストレスなどの要因が起こることで症状が出てしまいます。
うつになりやすい性格として、よくまじめな性格があげられます。
これはまじめな性格だからこそ些細な失敗や、不真面目な人に対してストレスを感じてしまうのです。
まじめな性格は損をしやすいと言いますが、うつになりやすいのも含まれているかもしれません。
周囲の評価が高い人ほど、失敗をしたときの落胆の差が激しいのです。
自分は失敗しないと思い込んでしまう事はあまりお勧めいたしません。
弘法も筆の誤りと言うことわざがある通り、だれにでもミスはつきものなのです。
このような人たちは、がんばりすぎる傾向があり、ストレスがいっぱいになって、心が乱れてしまうのです。
考え方を変えるのは中々難しいですが、うつ病になりにくくするためにはその必要も出てきます。
もしうつ病になってしまった場合、病院へ行って治療を受けるのが一番です。
中々相談しにくい内容ですが、現在うつ病患者は多く珍しい事ではないのです。
一昔前は偏見がありましたが、少しは認知されるようになりました。
一般的な治療方法として薬での治療となります。
抗うつ剤や、SSRIとよばれる、選択的セロトニン再取り込阻害薬などを服用します。
即効性のあるものから、長期にわたって治療していくものなど、症状によって選択することができます。
もし、うつかもしれないと思ったら放置せず早めに相談して治療を始めましょう。
服用する際ですが、決して用量以上に使用するのだけは避けましょう。
多大な副作用などを引き起こす可能性がありますので、注意してください。

▲ PAGE TOP